上述のように盛り髪は今や水商売の女性によるものだけでなく、十代〜二十代の一般女性にも浸透しつつある。


今後盛り髪が一般に浸透していく上でセクシーさや極端なボリュームはあくまでバリエーションの一つとなり、同時にカジュアルな盛り髪のあり方が模索されていくだろう。

例として渋原系のトップモデル・益若つばさが表紙を飾った「盛り髪カタログ」(講談社)では「特別な日のキャバ嬢流本気"姫"盛り」なるベーシックな盛り髪の特集が組まれている一方「アゲ嬢ではなく"フツーの女のコ"のためのシチュエーション別自分盛り」と題し、スタイリストに依らず自分でできるナチュラルな盛りも提案している。

▲盛り髪カタログ(講談社)


西洋の貴族から江戸の遊女まで“盛り髪”の女心を探ってみた!(R25)
上原半兵衛道場
江戸浮世風呂
マリー・アントワネットってどんな人?(勝ちスポ!)
ダイグアカデミー





おすすめ アクセス解析無料 出会いスピードテスト人妻相互リンク